家は2回建てると満足する

家は、1回建てるだけでは満足できないとよく言います。1回目は失敗をするものであって、そこを反省して2回目でようやく満足できる家が建つそうです。それは確かにあるなと感じました。立てる前には夢がいっぱいで、あれもこれもつけたら良いよねと思うのですが、実際に暮らしてみると意外に使わなかったりしてもったいないことがあります。使いやすいところを使いやすいように使う、まるでペットと同じです。
このことを見ていた私としては、もしこれからマイホームを建てるとしたら親を反面教師にするつもりです。ここがダメだったということはもうわかる年齢のころに家を建てたので、生まれてから家があった状態の人と比べると少し家にはうるさいかもしれません。自分が建てたわけではありませんが、その家に住んでもったいないと思うことは、次に同じことをしないでしょう。夢と言えど、あまり欲張るのも良くないなと感じたので、あれもこれもつけることはやらないと思います。