家を建てた時、お祝いにもらった椅子

やっとの念願のマイホームを建てた時に、親戚からもらったお祝いがとても気に入っています。それは椅子です。一脚だけですが、真っ白で可愛い椅子をもらったのです。「是非玄関に置いてね」と言われましたが、玄関に椅子なんて必要あるのかとても疑問だったのです。でも必要だという事がよくわかりました。
まだ小さい子供は、その椅子に座って靴を履いたり脱いだりするのです。そして実家から母や祖母が遊びに来た時も、足腰が悪いから椅子に座って靴を履いては脱ぐのです。そのためにこの椅子がとても役立ってくれているのです。
他のお祝いでは花瓶や観葉植物などをいただきました。どれもありふれたものですが、一番嬉しかったのはこの椅子だったのです。
私は今まで知り合いが家を建てた時には、現金を贈っていました。欲しいものを買ってもらうのが一番だと思っていたのです。
でもこうやって椅子をもらって、とても嬉しかったので是非機会があったら私も椅子を贈ろうと思いました。