収納サイズをきちんと考えるべきです。

マイホーム作りは楽しいものです。夢も膨らみます。ただ予算というものがあり、家の広さには限度があると思います。そんなマイホームに欠かせないのは収納だと思います。クローゼットを作るときはきちんと洋服が入るサイズにします。ただの収納スペースを作るとき、何も考えないでこのあたりに収納が作れるからと言って作ってしまうことがあります。そんな時は、収納の目的、将来の使い勝手などをよく考えてみるべきです。適当に作ってしまうと、将来的に困ることがあります。これは私の失敗談なのですが、収納になりそうなスペースができたので、あまり考えずに、収納があっればいいという安易な考えで作ったのです。でも時は流れ、子供が増えたりしてクローゼットが足りなくなってきたのです。何も考えずに作った収納スペースをクローゼットにすればいいと思ったのですが、ほんの4センチ程度足りなくて入らなかったのです。4センチです。奥行きがあと4センチあれば、この収納はクローゼットとして使えたのです。狭いマイホーム、収納スペースは貴重なものです。だからそんな収納を作る時、ここはこんなものをしまうとか、もし将来はこれを収納するといった具体的に考えて作るといいと思います。収納が多面性を持つようにサイズを考えるれば、家族構成が変わっても、生活が変わっても耐用できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =