尽きない欲望の家作り

我が家の家作りは、奥さんの家を改修した工務店様にお願いするところから始まりました。家族経営の昔ながらの工務店様でした。私が望んだ家は、木が沢山使われていて、リビングには薪ストーブ、大きな窓・・・そんな家を想定して間取りを決めました。私自身建築関係の仕事をしていた事があったため、スムーズに話が進み見積が出るまで約3ヶ月でした。ただ、やはり地元工務店。高い高い。坪単価40万(税抜)を想定していましたが、60万を超えていました。ただ、奥さんのお父さんからは、おれが交渉してやると言われ、待ちの状態になりました。結局のところは、建てるのは自分自身なので、最後は頑張って心を鬼にして断りました。
それから、県内で今乗りに乗っているメーカーに依頼する事に。価格も安くなり、断熱材もセルローズファイバー、樹脂窓に、無垢材の床。住宅設備もお気に入りの物にできました。今の時代、昔ながらの工務店よりもハウスメーカーの方がデザイン、価格、知識、保証、メンテナンスはしっかりしているなと思います。
それでも頭一個抜きに出ている工務店は、やはり他とは違う事をやっている会社だと思います。

これから家を建てる人に一つだけ重要なアドバイスするとしたら、一社だけで決めない事。素人さんなら尚更、知らない事だらけです。廻っていると、自分のコンセプトが徐々に固まってきます。その頃が決め所だと思います。私は、そうやって、そこそこ満足した家作りができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + seventeen =