何百年も長持ちする家にあこがれる

私はマイホームを建てた後、日本の家というのは長くでも2代で、大体1代で終わってしまうのが悲しいなと思いました。だって、せっかく丹精込めて作ってくれた家が長持ちしないというのは購入し甲斐がないじゃないですか。
イギリスなどでは、古い家ほど値段が高くなり、価値が高くなります。日本とは反対ですね。石造りの家なら長いこと持つのだろうかと考えたこともありますが、日本では木材か鉄骨を使うところばかりです。長い間残そうと思っても難しそうです。
確かに災害大国であるからには家も壊れやすいですが、その分技術が進んでいるので、それを駆使してどうにかならないのかと考えたりもします。後世に家をずっと残せたら良いのに。そしてそんな古い家を今私が見たいという気持ちもあります。昔からの日本の木造技術も、釘を使わずにできたりしてすごいのですがから、これからは長持ちするマイホームが出てくればなと思います。建築業界にとってはいらぬアイデアですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 14 =